中伊豆ワイナリーの歴史トップイメージ

History

中伊豆ワイナリー

伊豆ワインの今、そして次世代に向けて。「志太 伊豆ワイン」の成長の軌跡をここに綴ります。

成長の軌跡

中伊豆ワイナリーが造られたきっかけは、創設者である志太勤の「地元への恩返し」でした。 ワイン愛好家である志太は、自分の好きな「ワイン」を使って地域活性化ができないかと考えたのです。

そして1987年に、地元伊豆で本格的にぶどう栽培を開始し、静岡県三島市三ツ谷新田に2アールの畑を借り、ワイン葡萄試験栽培をはじめました。

1989年には旧修善寺町(現・伊豆市熊坂)に試験栽培農場を開設し、より良いぶどう栽培のために試行錯誤を繰り返します。そこで栽培されたマスカット、バーリーA、ミュラー・トューガヤマ・ソーピニオン、セイベル13053が醸造され初めてのワインとなりました。

そして1993年、現在の中伊豆ワイナリー シャトーT.Sがある静岡県伊豆市下白岩の土地にワイナリーの建設を決めます。ワイン用ぶどう品種の試験栽培・醸造も開始し、本格的にワイナリー事業を始動するための大きな一歩となりました。

1998年にワイン醸造の免許がおり、初めてのワインを醸造。そして2000年1月には「中伊豆ワイナリー シャトーT.S」がオープンしました。もともとは原野だったこの土地を切り拓き、ワインを余すことなく楽しめるワイナリーリゾートが誕生したのです。

2001年には、ぶどう畑の南西に温泉を備えた「ホテルワイナリーヒル」をオープンし、総合リゾート施設「中伊豆ワイナリーヒルズ」として、様々な体験が楽しめる場所となりました。畑全体を見渡すことができるシャトーには、ワインの醸造工場はもちろん、レストランやワインのテイスティング、結婚式ができるチャペルもあり、訪問客の幅広い要望に応える設備が備わっています。

そして現在、オープン時は2ヘクタールほどだったぶどう畑も10ヘクタールと静岡県では類を見ない大きさのワイナリーへと成長しました。

日本ワインコンクール2019では、欧州系品種・赤部門で「伊豆プティ・ヴェルド2017」が金賞を受賞。ワイン造りに対する情熱もますます高まり、さらなるパワーアップを始めています。

中伊豆ワイナリーの歴史
中伊豆ワイナリーの歴史

伊豆ワインに込めた想い

私たちは伊豆をテーマとしたストーリーのあるワインを皆様にお届けします。

志太伊豆ワインは、1989年に初めてワインを醸造してから30年が経ちました。 それは創設者の志太勤が、生まれ故郷である伊豆の地にワイン造りを思い立ち、 ブドウからワインを仕込んだ年からです。

これを節目に、志太伊豆ワインの新しい時代をスタートさせました。それは「私たちの伊豆」で「伊豆の品格」を備え「伊豆の風土」を表現できる、次世代に向けたワイン造りのことです。

そのために、目の前に広がる自家ブドウ園の見直しから始めました。
雨や台風が多くワインづくりには適さないと言われてきた伊豆で、この土地ならではの栽培方法を確立してきました。
ぶどうの房のすぐ上にスカート状の傘をつけることで雨が直接当たるのを防いだり、降った雨を浸透させずに流すシートを地面に敷いたり。 糖度、酸度を計測し、実際に食べてみて判断しながら収穫日を決めると、1日3トンほどのぶどうを人の手で摘んでいきます。
そのぶどうを受け取った醸造工場にも、醸造のプロたちがいます。「いかに伊豆らしいワインをつくるか」を追求し、畑にも出てぶどうを見つめ、農場メンバーと話し合いながらベストな醸造を模索し続けています。
その想いをお客様に届けようと、ソムリエたちもぶどう栽培やワインづくりの工程を紹介したり、ワイナリーツアーを実施したりと、発信に力を入れています。

知り、学ぶことによって、より深さに気づいていく、それがワインなのです。

飲むたびに畑の風景が目に浮かぶ・・・そんな伊豆ワインの楽しみ方をご提案します。
ワインのスタイルも、樽のニュアンスを控え目にして果実らしさと果実の凝縮を重視する方向を目指しています。 「伊豆の品格」である柔らかく繊細な口当たり、「伊豆の風土」である飲み疲れしないワイン、 そして安全で美味しいワインを「私たちの伊豆」からこれからも発信し続けていきます。